神との対話365日の言葉

2017-10-21
家庭人にとって、この道は大きな試練だ。
気を散らすことがいくらでもあり、
現世的な心配がいくらでもある。
だが、精神的な美だけを追求する者は
そうしたことにわずらわされない。
パンと水をたずさえ、粗末なワラ床でやすみ、
祈りと瞑想と神性を思いめぐらすことにすべての時間を捧げる。
そういう環境なら、神性を見ることはどれほど簡単だろう!
務めはどれほど単純だろう!
しかし、配偶者があり、子供があったら!