神との対話

イベント名 第8回「神との対話勉強会」
詳細 第8回「神との対話勉強会



今回からメンバーの人に、得意分野で

30分間お話をしてもらいます。

今回はPさんのお話です。



現在の参加申込者数は、

9人

です。

日時 2009年09月13日(日)
時間 13:00:00
場所 西宮市立勤労会館
住所 西宮市松原町2番37号
交通手段
参加費 100円
参加資格 完全オープンですので、このWebページを見る事ができる全ての方が対象です
持ち物 神との対話の1巻
その他 参加される場合、下記の参加申込フォームからお申込下さい。皆様のご参加お待ちしております。
イベント後
コメント
今日は、ルネさん主催、西宮勤労会館にて開催された『 神対勉強会 』に参加しました(^^♪

参加者は、総勢9名♪
初参加の方が1名いらっしゃいました!(~0~)

前半部分、
今日のテキストは、「神との対話 1巻」の「11章」でした。

著者のニール氏が「神」と対話する中で、「 私の人生では十分なお金を得たためしがないのですが・・・」と質問した部分をクローズアップしました。

その中で出たのは、思いは現実化するが、その「思い方」を皆さん間違っている、という指摘。
たとえば「お金が欲しい、お金が欲しい」と願っていると、神は「ああ、そうか、おまえは”お金が欲しい状態 ”を現実に実現して欲しいんだね♪」といって、そのとおり実現させてくれる、みたいなぁ(ーー;)

もしくは、「幸せになりたい」と言った時点で、もうアウト!
「幸せになりたい。」ということは、もうその時点で「私はいま幸せではないんです。」と宣言していることになるから、みたいなぁ(ーー;)

お金を持っている人は、自分がいまお金があるか?ないか?なんて考えないし、また、幸せな人は自分が今果たして幸せなのか?幸せでないのか?なんて考えない。
そもそも幸せな人はそんな概念すら頭にない。だって幸せなんだから♪
みたいなことを話しました(~0~)

そして、お金があると幸せになれるんではない、ということも。
お金があるばっかりに所有物が沢山あるばっかりに、悩まなくても良いことを悩み、またそれを手放したくないばかりに執着したり、心配して夜眠れなかったりしている人を多数見てきていると・・・。
逆にたとえホームレスであっても幸せな人は現実にいる、と。

さて、後半は、私目が皆さんに読んだ本のご紹介をさせていただきました(^^ゞ
その本は「 クリシュナムルティの瞑想録 自由への飛翔 」でした。

神との対話を読んだ皆さんは、「この世は完璧だ」「創造するために生まれてきた」などなど、とってもプラス?な部分に勇気を与えられ、「もうこれ以外に何も読む必要はない!」と思えるほど感動している方が多いんですが、僕はここであえて、いろんな角度から自分の人生に起こる事象をとらえられ、その場その場にあった考え方をチョイスできたらいいな♪と、この本を選んだのでした。

神対とくらべて、この本は難解できつい!です(>_<)
氏は、神を否定し、偶像を否定し、人生の生きる目的なども否定します。
人生については、こうとまで言い切ります。
「生の現実は無味乾燥な仕事の繰り返しであり、それは常に闘いや葛藤を伴うものである。
生の現実は孤独の苦痛であり、貧富にまつわる悲惨と浅ましさ、野心、自己満足の追求、成功と挫折、悲嘆、こういったものがわれわれの生のすみずみをおおっている。
戦いの勝敗、果てしない快楽の追求 ― われわれはこうしたものを人生と呼んでいるのである。」と(ーー;)

まあ、そんなわけでこのきつーーい文章を羅列した紙を皆さんにお渡ししたわけですが、特に女性陣の方、きつかったでしょ?♪
どうもすいませんでした<(_ _)>

まあ、一つの物事に対して、神対的見方や、飯田史彦さん的見方、ACIM的見方、斎藤一人さん的見方などなど、狭いこりかたまった見方をせずに、その時々に応じ、自分が一番楽になれる見方をチョイスした方が良いんではないか?と思うのですよ♪

実際一年以上前から、このクリちゃんには随分助けられましたし(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ

で、8人で二次会に♪
とっても楽しい一日を過ごさせていただきました(^^♪
皆さんどうもありがとうございました!!(^^)/

written by ぱんげあ
 

神との対話 地図

食べログAPI 座標:
 

神との対話 勉強会

*は必須項目です
*名前(仮名・ニックネーム可)
*mail
性別
年齢
種別
コメント
 

もし、上記フォームが使えない場合や、メールの方が安心という場合は、
kamitonotaiwawokatarukai☆gmail.comまで、「☆」を@に変更して送信して下さい。
(技術的にはフォームで送信した方が遙かに安全です)

side contents

携帯からは

http://kamitonotaiwa.x0.com/
(パソコンからでも見れます)
神との対話 QRコード